朝が苦手な人間が綴るブログ (限界大学院生編)

基礎こそ物の上手なれ. 人間万事塞翁が馬. を大切にしている経済学徒.

計量経済学の一般書

 

計量経済学を教科書の難しい統計的表現を避け、とてもわかりやすくわかりやすく

紹介してくれている本が、最近流行りの

 だと思います。

 

計量の手法などについて、応用までをカバーしていて、しかも言葉で語ってくれているのが

 

上の2冊は、計量を初めて勉強する人にはもちろんおすすめですが、

そうでなく学部で勉強している人にとっても良書であると思います。

 

特に、山本先生のは教科書としても採用されているますが、数式だらけの従来の計量の教科書とは違う切り口からきているのが好きです。

OLSの説明なんか、とても参考にさせていただきました。

 

これらにはRCTについても書かれているので、これらの次に応用分野の本を読まれるといいのではないかと思います。

 

因みに、私の専門は開発経済学です。

院試の研究計画書の参考文献には使用できませんが、開発経済学の一般書、代表的なもので言えば「貧乏人の経済学」なども計量知識がある上で読むと理解も異なると思います。

 

開発以外の他の応用分野でも計量はマストであるのは間違いないので、

読まれたことのない方にはおすすめします。