朝が苦手な院生ブログ

基礎こそ物の上手なれ. 人間万事塞翁が馬. を大切にしている経済学徒.

オフラインのおすすめの辞書

英語の勉強を始めたとき(大学2年)から、オフラインではこの辞書以外は使ってないです。

使用はMacユーザーに限定されますが、Macに内臓されている辞書は超がつく優秀です。

こんな感じ

f:id:econgrad:20171029110307p:plain

 

このように、例文から、類義語と類義語があるだけでなく、その類義語の微妙なニュアンスの違いまで書かれています。

そして、tiredと打つだけで左のように副詞、名詞、熟語などもでできます。

 

スペルミスでも「もしかして?」となって、そのミスったスペルから探していると予想される単語を出してくれます。

こんな感じ

f:id:econgrad:20171029110926p:plain

 

もう一つ好きなところは、知りたい日本語でも英語でも、カーソルを当てクリックするだけで、日→英、英→日でもどっちでも一瞬で検索できることです。

これは右上の検索欄からの検索でも同じで、電子辞書のようにいちいち英和・和英を切り替える必要はなく、日本語で打てば英語、英語で打てば日本語で返してくれます。

 

大切だと思ったところは、コピーしてWordにでもメモ帳にでもコピペできますし、スクショして保存もできます。Evernoteとかもあるでしょう。保存のバリエーションも様々。

 

 

私の知っている電子辞書ではここまでしてくれません。

電子辞書の嫌なところは、

①遅い(特にキーのリピート)②読みにくい  ③スペルが曖昧な記憶の単語を探すのは大変 ④英和・和英を切り替えないといけない ⑤保存できない

 

 

他にもMac辞書のいいところはたくさんあります。

⌘ + T で、ChromeSafariのようにNew Tabを開くこともできますし、いいところをあげればまだまだ出てきます。

 

なのでオフライン辞書はこれ一択です。

 

Mac持っててもこの辞書の気づいていない人が結構いる気がします。そんな方、もしくはMac購入を検討していられる方は是非。

 

なお、紙辞書は勉強で使ったことはありません。中学の授業で使い方を習ったのと、授業中寝るときに枕にしたくらいです笑