朝が苦手な人間が綴るブログ (限界大学院生編)

基礎こそ物の上手なれ. 人間万事塞翁が馬. を大切にしている経済学徒.

YouTubeで英語学習

私がおすすめするYouTubeチャンネルを紹介します。

 

完全主観ですが、簡単に難易度別に分けてみます。おすすめの動画ではなくチャンネルを載せます。

 

まずは、難易度★★☆☆☆

このお2人のチャンネルには、2年近く、もしくはそれ以上お世話になっています。

それぞれの好きなところを書いていきます。

 

Hapa英会話:文法的な説明はありませんが、熟語の表現、似た意味で使い分けの難しい単語の使い方、スラング的な表現をネイティブの視点からわかりやすく教えてくれています。日本語で話されていますが、英語を話しているときは字幕があります。

教科書では学べないことをいろいろと学べます。

 

バイリンガール英会話:昔の動画は、発音や表現など広く英語レッスンが多かったですが、最近は旅行動画も増えています。いろいろ楽しく見れますが、「英語学習」のために見るのなら、昔の動画から見るといいかもしれません。内容はHapa英会話とだいたい似ています。

 

 

次に、難易度★★★☆☆

1番長く見ているチャンネルです。2年半くらい見ています。

幅広く英語の勉強方法について個人の経験を元に話しておられます。そして以前受けていたIELTSの勉強方法についても動画を載せており、おすすめのテキストなどの紹介もあります。英語だけの動画もあるので星3つにしました。

Atsueigoの1番いいところは、なんと言っても日本生まれ日本育ちの方であることでしょう。すごく説得力があり、勉強方法など完コピしてもいいんじゃないか、と思うくらいです。

 

 

次は、難易度★★★★☆

日本に5年ほど住んでいるイギリス人によるチャンネルです。完全なBritish accentで、(かなり?)皮肉混じりのトークで楽しいです。字幕なしで全て理解するのは難しいです。

この動画は、上3つのようなレクチャー式ではないのが特徴でありいいところです。完全なネイティブの日常会話が聞けますし、たくさんのswearwordsが聞けます笑。

本当に面白い動画がたくさんあります。

 

 

最後に、難易度★★★★★

このチャンネルを運営している方は、YouTubeで最も優れた科学のチャンネル、みたいな賞を受賞されていました。ですので、日本人の見ている割合はかなり低いと思います。ましてや勉強用に見ている人なんてほぼいないのではないのでしょうか?

内容としては、難しい自然科学の話も多いですが、多くの人が興味もっていそうな環境問題についての動画などもあります。

私が1番多く再生したのは、Student' t-testというタイトルの動画です。

統計学を知っている方はすぐわかったかと思いますが、そうです。t検定についての動画です。t検定は、その生みの親、ウィリアム・ゴセットがギネスビールで働いているときにStudentというペンネームで書いた論文が始まりとなり、統計学をはじめ科学にハンパないインパクトを与えました。

確か、「統計学を拓いた異才たち」という本に詳しく書いていたと思います。

 

スチューデントのt検定について熱くなってしまいましたが、このチャンネルは難しいですがおすすめです。英語で学問を勉強している気にさせてくれます。

 

 

他にもいろいろなチャンネルの動画を見ましたが、ほぼ継続的に見ているものを紹介し、個人的な意見を述べました。

英語学習としてのチャンネルをあげましたが、他にも、MIT OpenCourseのEconomicsの講義なんかも、意外とわかりやすい(ほんとに!)と思います。私が見ていたのはミクロです。

 That's why economics is called the dismal science.....And that's why people don't like us.  と言うところがはじめにあります。面白いです。

dismal: 陰気な、憂鬱な

 

おすすめのチャンネルなどありましたら、どうぞ教えてください。

 Feel free to leave a comment :D