朝が苦手な人間が綴るブログ (限界大学院生編)

基礎こそ物の上手なれ. 人間万事塞翁が馬. を大切にしている経済学徒.

自己紹介と簡単な履歴書のようなもの

2018年5月現在

 

自己紹介

大学院博士前期課程(修士課程)1年生(2020年3月 経済学修士 取得予定)

出身:関西(小学校を東北で過ごした)

趣味:サイクリング・読書・料理・クライミング(最近始めた)

国外経験:計12ヶ国(東・東南アジア・ヨーロッパ・アメリカ)

北米の国立公園など自然を体感するのが好き(2回、計6つの公園へ)

学問的関心:開発経済学を専攻。ゲーム理論とかは花形であると心の中で思っている。大学院(たぶん修士)留学で、経済学ではなく統計学MSc Statisticsに行きたい。

その他関心:少し前までTPPの件でアメリカ(てかほぼモンサント)に恨みを。最近は、日本のアカデミアの歪みを主にtwitterで見ています。日本のタバコ受動喫煙に関する法の甘さにも一言国会で言いたい。

 

勉強に関してはまさに大学デビュー組です。振り返ると、院試を合格できるまでの知識をつけるのに結構なエフォートを投入していたなと思います。

大学2年の頭から、英語を基礎の基礎から復習し始めて、後半から3年の前半まではIELTSを受けていました3年10月の試験で各バンド6.5, 6.0, 6.0, 6.0のOverall 6.0になりました。3年の頭からIELTSと並行して専攻である経済学を頑張りはじめた、って感じの大学デビューの中でも遅れた方です。

だいたい2年生になってからは1日7時間〜10時間くらい勉強してた気がします。

親の影響があり、兄弟、従兄弟などは根っからの勉強マニアで国立に行っているので、勉強に専念すると決めたときの親の理解とサポートがあったのはとても大きいです(下宿なので)。感謝しています。

 

 

 

アルバイト経験

ホテルのレストラン(大学入学前に2ヶ月ほど)

焼肉屋(大学1年の5月〜1月)

某スポーツメーカーの直営店(同年1月〜大学2年の9月)

(しばらく無職)

大学の講義の補助(約週2コマ、大学3年の4月〜大学4年1月まで)

塾講師(大学3年の11月〜大学4年の5月)

某研究センターにて翻訳作業(大学4年の10月〜3月までの予定)

その他研究室にてデータクリーニング的な業務を少し