朝が苦手な人間が綴るブログ (限界大学院生編)

基礎こそ物の上手なれ. 人間万事塞翁が馬. を大切にしている経済学徒.

大学院入試(計量経済学・統計学編)

院試の計量経済学統計学の記事を書いていますが、私自身はこれらの科目で受験していません(笑)。

 

しかし過去問や他のブログを読んで見ると、数学的基礎がある方にとっては点を取りやすい科目であるみたいです。

しかも、ミクロマクロに比べて問題数が少なめかもしれませんね。

 

 

まず、計量経済学の分析を(ほぼ)数式を使わずに紹介しているのがこちらです。

 

実証分析のための計量経済学

 

タイトルの通り、実証分析にフォーカスしており、Stataなどのソフトでの推計結果の見方やモデルの意味などについての解説が非常にわかりやすかったです。

「数式について触れられてなかったら院試対策にならないじゃん」との意見はごもっともですが、やはり多くの方が実証をやられる/やりたいのだと思いますから、読んでいて損は間違いなくないです。筆記試験よりは、面接対策に効くのではないかなと思います。読むのは重回帰分析くらいまででいいと思います。

 

 

計量経済学の入門レベルになるのが、このブロブで度々紹介している田中先生の計量経済学の第一歩です。

 

計量経済学の第一歩 -- 実証分析のススメ (有斐閣ストゥディア)

 

入門書の中ではかなり新しく、巻末にもt分布表なんてついていません。トレンドの変化ですね。

四則演算ができればこのテキストは読めます。ところどころ微分積分の記号が出て来ますが、その辺は公式の解説だけなのですっ飛ばしても問題なく読めます。

各章末に練習問題がついており、有斐閣のWebに解答のPDFがあります。図書館などで借りて、読まなくても練習問題だけやるのもいいのかなと思います。

 

 

院試の計量の定番?となっているらしいテキストが山本拓先生の計量です。

 

計量経済学 (新経済学ライブラリ)

 

個人的にハードカバーが好きじゃないんですよね(笑)。私はさらっと見た程度なのですが、問題が豊富ですね。そしてこれがちょうど院試のレベルなのでしょう。

計量・統計で受験する人はマストのようですね。

 

 

統計学のテキストは、この記事にも紹介しています。

econgrad.hatenablog.com

 

 

統計学入門 (基礎統計学Ⅰ)

 

基本統計学 第4版

 

この2冊のうちどちらか1つでいいと思います。私は上しかやっていませんが、結構わかりやすく、かつ楽しめたのでよかったです(←モチベーションの問題です)。

 

シグマなどに慣れていない方はいきなりこれらに取り組むとアレルギー反応が出る場合があるらしいので、その場合は上の計量経済学の第一歩 を読むといいと思います。