朝が苦手な人間が綴るブログ (限界大学院生編)

基礎こそ物の上手なれ. 人間万事塞翁が馬. を大切にしている経済学徒.

アメリカのスポーツの発展を支えている科学:メジャーリーグのニュースについて

Yahoo!ニュースに上がっているこんなニュースが話題になっています。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

私自身が野球以外あまりアメリカの他のスポーツには詳しくないのですが、

数年前からメジャーリーグはデータ野球なんて呼ばれたりしていますよね。

なんとなく記憶にあるのは、投手の怪我の状態とかを全て勝手に検査して数値化してしまっていて、移籍市場で不利になってしまうとか、そんなニュースを2年前に見たきがきます。

 

今回は、たまにこのブログでも話している求人の話です。

しかしニューヨークヤンキースの上級データアナリストですww

 

求めている人材は、大量のデータ、統計学などを駆使できる人物。条件として統計や数学、コンピュータサイエンスの博士号が入っている。米国では女性のアナリストも採用されるなど、人材獲得競争が激しさを増している。 (上記事より引用) 

 

アメリカの企業での博士の需要は凄まじいですね。

 

日本でも、外資系企業は積極的に博士の公募を出していますが、内資の民間企業ももっとこのような動きをとって欲しいですね(・ω・`)

 

なぜかって... 院生の立場がよくなるからですwww