朝が苦手な人間が綴るブログ (限界大学院生編)

基礎こそ物の上手なれ. 人間万事塞翁が馬. を大切にしている経済学徒.

大学院入試(ミクロ経済学編, updated)

大学院受験をされる方で、経済学研究科もしくは公共政策などの経済学系への進学を検討される方は、受験科目としてミクロ経済学マクロ経済学などの受験が必要になるかと思います。

この記事は、「どのテキストを使えばいいか?」
という悩みのある方は、少しですが参考になるのではと思います。

タイトルの通り、この記事ではミクロ経済学のテキストについて紹介します。

これまでに使用したテキスト一覧

まず、以下が私がこれまでに使用したミクロ経済学のテキストになります。

マンキュー経済学 I ミクロ編(第3版)

ミクロ経済学 | 奥野 正寛

ミクロ経済学の力

ミクロ経済学演習 | 奥野 正寛

演習ミクロ経済学 (演習新経済学ライブラリ)

これらは、難易度順ではなく、私がこれまでに読んできた/使用してきた
順番で載せてあります。

テキストの特徴など(個人的視点による)

書評というのはすごく難しいですが、マンキューは入門の入門といったレベルであると思います。しかもページ数がかなり多いため、個人的にはあまり好きではないです(笑)。私がこれを使用したのは、単に1回生のときのミクロ経済学入門のテキストだったからです。

取り組む順番

在籍している大学の講義のレベルや読者の方の数学レベルにもよりますが、経済学部の3回生4回生なら、奥野ミクロ or 神取ミクロから入っても大丈夫だと思います。
微分偏微分についてあまりわからない、という方は、その都度数学や経済数学のテキストをみて確認をされたら大丈夫だと思います。

私目線ではありますが、マンキューレベルが問題ない方は、神取ミクロまたは、奥野ミクロをやられたらいいかと思います。
奥野ミクロは長らく経済学院試の定番書となっていますが、それは、このテキストの全体的評価と、ゲーム理論パートのパートが非常に好評でありかつ、奥野ミクロ演習があるからではないでしょうか。こちらの演習本は、本テキストの練習問題となっています。
個人的にはすごく神取先生のミクロ経済学の力が好きです。東京大学出版会のテキストは少し文章的説明や現実の社会問題などの例に触れられていることが少ない気がしますが、その点でミクロ経済学の力は非常に読んでいて楽しいです。院試を受けない方にも、経済学の面白さを伝えれる本ではないでしょうか。また、今年4月ごろにこちらの本の演習本が出ると聞きました。そうなればこれ一択...となるかも知れませんね。

武隈ミクロは半分やってやめました(笑)。練習問題は多くていいのですが、終始無味乾燥な流れであって個人的に苦手だったので、私は奥野ミクロ演習だけをやりました。時間があればもちろん両方やりこむのが1番だとは思いますが、そうでなければゲーム理論が充実している奥野ミクロ演習だけでいいと思います。しかし、双対性のトピックは武隈ミクロをやられるといいと思います。

まとめ + α

大学院入試のミクロ経済学は、上で述べた教科書のレベルで十分であると言われています。
私も阪大、神大、京大(は見ただけ)、一橋の過去問だけやっていましたが、上の教科書の内容を抑えていれば問題ないです。

入門の入門レベルからミクロを勉強したいという方は、慶應の坂井先生が書かれた

をおすすめします。こちらは新書なので、読み物としてサクッと読め、ミクロ経済学のフレームを知れます。