朝が苦手な人間が綴るブログ (限界大学院生編)

基礎こそ物の上手なれ. 人間万事塞翁が馬. を大切にしている経済学徒.

大学院入試・経済学のための数学(経済数学)

数学本の書評ができるくらいの数学能力のありませんが、私が使用してきた経済数学のテキストと、その他の一般的な数学の本を簡単に紹介します。
なお、経済数学と数学について分けて書いていますが、ただ単にテキストのタイトルに経済が入っているかどうかで分けています。しかし、一般的に経済数学の本は経済学で必要なものだけをカバーしており、かつ文系学生に配慮した分かりやすく現実問題やどのように数学が経済学と関わっているかなどの説明が丁寧である印象があります。

統計学も数学的理論を用いるものですが、これは計量経済学と一緒に記事書きます。

これまでに使用したテキスト(経済数学)

現代経済学の数学基礎〈上〉| AC.チャン

改訂版 経済学で出る数学: 高校数学からきちんと攻める

 初歩からの経済数学

これまでに使用したテキスト(数学)

意味がわかる微積分

クイックマスター線形代数 (Quick Master)

クイックマスター微分積分 (Quick master 2)

微分積分 (理工系の数学入門コース 1)

理工基礎 演習集合と位相 (ライブラリ演習新数学大系)

テキストの特徴など(個人的視点による)

文字でしっかりと説明されていて、かつわかりやすいもの、つまり文系出身者にとってありがたい経済数学のテキストがチャンです。時間がある人は、この本をじっくりやられるのがいいと思います。


もしくは、
- 改訂版 経済学で出る数学: 高校数学からきちんと攻める

こちらも非常に良いと思います。むしろ、私がチャン をやる前にこの本を知っていればこちらを選びました(笑)。


私は講義でこれを使いましたが、一言。おすすめしません。
(私のような)高校文系卒にとっては文章の説明がすくなすぎると思ったのが第一印象で、数学のテキストでおなじみの『〜であることは自明である』というフレーズが多く、『自明じゃないでしょ』と思いながらも講義テキストなので取り組んでいました。


ヤフオクで超低価格で発見したので買ってみました。読み物としていいですが、まあ必要ないと思います。


兄に貰ってちょっとみただけ。問題集です。問題を解きまくって覚えたい方はこちら。


同上


ネットでも結構好評だったので、購入してみました。微分積分の定理などしっかりと学べました。


集合、位相を勉強する人はこちらがおすすめです。京大などでは経済数学の科目もありますが、集合などはこれでカバーできると思います(私は京大受験していません)。学部レベルでのミクロ経済学や統計学でも、微分積分や線形代数だけでなく、集合などの言葉としての数学は顔を出してきます。

まとめ + α

理系出身の方や元から数学科目をたくさん履修している、などではなくて数学が苦手な方は、早いうちから数学の勉強を初めて置くことをおすすめします。院試ではミクロマクロのみの受験でしたらラグランジュを使った偏微分ができれば問題ないと思うのですが、それでも院入学後にはどうせいろいろな数学が必要となってくるので、入試後も勉強する必要があります。